« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

ああ、小市民2

Gmuta

ブックオフ。

東野圭吾の本でも買おうかと覗いてみたが。

ずらりと並ぶ「文庫本105円」の文字。

喜んで手に取ると、彼の本は350円だった…。

いや、それでも安いんだろうけどね…。

結局105円の別の本を買ってしまった。

…350円が妙に高く思えた私は極貧か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

襲撃

6 人の足が大好き。

カミカミ。

体当たり。

マウンティング。

ストレス解消、めいいっぱい。

でもね。

は恐いの。

今日も猫に睨まれ、金縛り…。

だって、野良猫って目つき悪いんだもん…

∪ p ェ q∪ シクシク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最大の悩み

11 欲に任せてすぐに食べるべきが、今は我慢して後からゆっくり味わうべきか…。

真剣に悩んでごじゃりまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ、小市民

最近8枚切りの食パンを食べていたら、6枚切りの食パンがすごく分厚く、ぜいたくに思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欽ちゃん

野球はあまり興味がないけど、欽ちゃんの会見は少し泣けた。

「ユニホームが好きだった」っていうのが、グッときた。

また始まるということで、ファンがますます増えるんだろうな。

ちなみに、ゴールデンボールズだとずっと思っていたので、「ゴールか」とひそかに驚いた。

思い込み違いといえば。

ビックカメラは、ずっとビックリカメラだと思っていた。…数ヶ月前に知った!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイレントヒル

事前にストーリーなどの情報は入手せず、知識は予告のみで観たが。

予告の時点で予想していたタイプとはまったく異なっていた。

「いろんなホラーの寄せ集め感」があるが、CGはたくさん使っているんだろうな~と思うと、お金はかかっているのかなと。

ストーリーに関しては、やっぱり悲しさが残る展開だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大葉が枯れた

去年も枯れた。

今年は出だしは良かったのに、やっぱり枯れた。

どうしてうまくいかないんだろう!?

(ノΘ<。)うっうっうっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イカ V(・ ェ ・)V   

今朝の夢。

お客様をもてなそうとバイオリンを弾こうとしたが、弦がふにゃふにゃでうまくいかない。

よく見たら、弦がスルメになっていた…。

誰か夢占いしてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

密談

総裁の孫で、自身も総裁のボルゲみたいなおっさんと、リムジンの中で密談を交わす夢を見た。

……妙な野望が潜在意識の中にあるんやろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺の空とフックン

Img_0352

昨夜、眠れず久々に深夜放送を見ていた。

あれこれチャンネルをかえながら、番組ジプシーをしていたら、フックンがよくわからんお姉ちゃんと俺の空で戦っていた。

ローカルなのか、安っぽい番組だが。

へたっぴだから、「どうせどん底やし」と近づくまいと思って避けていた俺の空。

それでも、人気があるみたいだから、どうなのかな~という興味はあった。

おお、パネル、きれいやな~。

あんな大きく「いっぺー」とやらが出るのか~。

感心しながら見ていたが。

番組の途中からあやしい雰囲気に…。

液晶パネルやら図柄が見たいのに、フックンはカメラを振り返ってまでアイドル時代の話とかをして、思い出話に夢中で、全然台を回してくれなくなった。

遠い遠い昔の話なんて興味ないし、シブガキって売れたのかどうかもよくわからんし、そんな話どうでもいいから、集中してくれよ~。

イライラ頂点に達したので、結局チャンネルをかえた。

不快感だけが残った深夜1時。

s∪●` ェ ´●;∪ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜の恐怖!!

連日の寝不足が幸いしてか、深い眠りに就いていた私。

微妙な洪水でわんこハウスが水没し、「場所を考えないと」などと話す夢を見ていた。

(すでに夢が意味不明)

しかし、現実に無理やり引き戻す恐怖が!!

私は、とっさに飛び上がって起きて、悲鳴をあげる。

「う、うぎゃあ~っ」

顔面を何かが横断したのだ!

暗闇の中でパニックになりながら、顔をはらい、電気をつけてみる。

何もいない。

隣で寝ていたDは、何が何だかわからない様子。

…でも、顔に残る「チクチクした痛み」

半分腰を抜かした状態でお手洗いへ…何やら「バンバン」と音が聞こえてきた。

出てみると。

「コイツだったよ」

目の前に突き出されたのは、無数の足を持つ、半透明のような正体不明

「ムカデの親戚か!?」

この長いたくさんの足が、私の顔をはって行ったのか!!

か…顔をコイツが! この足が!

その姿に、頬がなんだかむしょうに痛くなって、ひとまずムヒを塗る。

…アホです

ヒリヒリ、スースー、目にしみる~  <∪T ェ T∪>むひょ~

ムヒは顔に塗るものではありませぬ!

結局その後は、ビクビクして眠れぬ夜を過ごし。

…朝、もう一度虫の正体をよくよく見てみる。これが噂(?)のゲジゲジかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優しい男パート2

前のブログ↓の優しい男について、プラス。

優しすぎるって言われるんだよな~という男がいたが。

どう考えても、自分本位で、優しくないでしょ~という性格。

決断力があって、亭主関白的な人を「男らしい」と言うなら、優柔不断男を軟弱…いやいや「優しい男」と言うのだろうか。

その男は別に優柔不断というわけでもなかったが。

う~ん。優しいという定義は結構難しい。

相手を思いやる心、厳しさも含めてそれを優しさと言いたい。

まあ、言葉の意味はおいといて。

前出の男は、他にほめるところがなくて「優しい」と言われたんじゃないかと思う。

確かに外見は………だし。

俺、もてないな~」という発言に対し、「外見がね…」とは言えないとき、「優しすぎるからじゃない」と答えるのがやっぱりベストなんだろう。

けど、優しすぎるぐらいの人だったら、もてないはずないもんね。

外見は第一印象として大事だろうけど、それはあくまでも第一関門というか、ごくごく小さな通過点でしかないだろうし。

そうすると、世の中、結構「優しいね」という言葉を都合よく使っているんじゃないかな~と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名探偵コナン

実写でやるって!?

小栗しゅんさんが工藤君、雨ちゃん(なんとかトモカちゃんだっけ)がランちゃんをやるとかって?

実写だとありえないアクションは、当然難しいだろうし。

う~ん、どうなん!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優しい男

友人、知人の彼、婚約者、夫の写真を見せられ。

お世辞にも「かっこいいね」と言えないとき。

それでも。

「うわあ、かっこいい!」 「ステキ!」

無理やりテンションをあげて言うべきか…。

いやいや、それはかえって失礼だろう。

でも、相手にとっては「かけがえのない人」で、やっぱりどこか「ステキ」と思っていないと付き合えないわけで、嫌味には受け取らないかもしれない。

でも、でも、でも~!

そんなとき、教わったのが、「優しそうね」という感想。

「うわあ…ぶちゃいくな人だな~」と思ったときは、とりあえず「優しそうだね」と言っておけば、うまくいくと。

なるほど。 ∪' ェ ' ∪ へ~

優しそうねと言われて、嫌がる人はいないだろう。

それから、ひとまず「優しそう」と答えるようにした。手ごたえ上々。

これで人間関係が円滑になる…かしら!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(ノΘ;)

イスの背もたれにもたれて思い切り伸びをしたら、ひっくり返った!

きれいな放物線描いたな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かきあげ

Img_0477_2

ご近所さんのカーペットが飛来…直撃して、折れたうちの庭のインゲン。

それでもなんとか実をつけて、収穫できたのだ!

早速ニンジン、タマネギ、エビとイカと共にかきあげに。

おいしかった~。

自分の育てたものだと、おいしさも倍増なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斗SE

そろそろ入り始めた様子。

へたっぴの私は、どうせ弱いケンを選んじゃうんだろうな~。

なので、やらないでおこうと決意をしつつ…でも気になるのね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夏は

Img_0637

楽しみにしていた2作品がついに公開。

パイレーツ・オブ・カリビアンとゲド戦記を観て。

あと、サイレントヒルも微妙に気になる…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »