昨日、久しぶりに虹を見た。

二重にかかる、とっても大きくきれいな虹だった。

何年か前に、確か当時小学校3年生だった男の子と一緒に虹を見た時のことを思い出した。

「あの虹を渡ったら、どこまで行けるんだろうね?」と私が問うと、彼は「渡れないよ」と答えた。

少しさみしいような気持ちになると、彼は続けた。

「きっとツルツル滑るよ」

ほほえましくかわいい答えだと思った。

そういえば、その子が道端で小さな黄色の花を摘んで、プレゼントしてくれたこともあったな。

息子と空を見上げて、そんな話ができる日が待ち遠しい。

| | コメント (42) | トラックバック (0)

キエ~ッ

日に日にいろんな言葉を覚えていく愛息。

最近、その息子がおやつを催促する時に雄たけびをあげるようになった。

それも。

キエ~ッ!

どこで覚えたのか不明。

…恥ずかしいので、やめてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間違いその2

「三二四駆」ののぼり発見。

324駆動っ、どんなだよ!と思ったら、

ミニ四駆だった。

最近、こんなのばっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間違い

「もっさりパニーニ」って売れるんかいな?

って思ったら。

「もっちりパニーニ」だった。

もっさりは売れないだろうな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顧客不満足度ナンバー1携帯!!

久しぶりに書き込む。おもしろくない話題だが。

ワンコやら上戸彩ちゃんやら、かわいくておもしろいCMのイメージが強いソフトバンク

CMの明るさとは逆に苦情が多いことはなんとなく聞いていたが。

修理に出したはずが、直るどころかさらに状況が悪化して戻ってきた上、解約すると違約金がかかるからと高い携帯に機種変するはめになったとか。

初期不良なのに受け付けてもらえず、結局もう一台購入することになり、割賦料金を前機種と新機種と2台分払っていかなければならなくなったとか。

消費者センターに相談しても、1年待ちぐらいがざらだとか。

うちも家族でソフトバンクを使っていたが、ついにうちにも悲劇がやってきた。

事の始めは、携帯を充電器につなぐと電源が落ちてしまい、充電できなくなったこと。

ソフトバンクの店に行くと、卓上ホルダーで充電すればOKとのこと。そこで、卓上ホルダーを取り寄せてもらった。

数日後、卓上ホルダーが届く。…ところが、まったく役に立たず。

結局、携帯を修理に出すことに。

そこで、157(カスタマーサービス)に電話をする。

店の人に言われて購入した卓上ホルダーだが、役にも立たないものなので返品したいと申し出る。

が、最初は返品すら受け付けてもらえなかった。理由の如何を問わず返品はNOとのこと。だがさすがに納得できず、なんとか返品は受け付けてもらえることになった。ただし、送料は負担しろとのこと。

…ここまでは、だんなとソフトバンクとのやりとり。

聞いた私はさらに納得がいかず、再び157へ。ソフトバンクの店のお姉ちゃんが「大丈夫です」と言って買わされた卓上ホルダー。それがまったく役に立たなかったのだから、そっちの落ち度でしょう!いくら数百円とはいえ、なぜこっちが送料を払わなければならんのだ!!

金額の問題でなく、気分の問題だ。

なんとか交渉し、ようやく解決。着払いでOKとのこと。

そして、卓上ホルダーを着払いで送り返して、やれやれ。

こんな小さなもののために…と疲れながらも、ひとまずホッ。

ところが…!!

送り返して数日、また卓上ホルダーが家に届いたのだ

意味不明。

157に確認すると、最初は「こちらのミスです」と言いながらも、わざわざ佐川急便指定で送り返せとのこと。

このとき、佐川急便が集荷してくれるとは知らなかった私。

ぶちきれた。佐川急便は車で30分はかかる隣の市にしかないからだ。「まだふにゃふにゃの赤ちゃんがいるのに、そんな遠い所までどうしてこっちが行かなければならんのだ!取りに来い!」

ひたすらマニュアル通り、棒読みで「申し訳ございません」を繰り返すだけの157の男。

むかつきながらも、この男では話にならず、とりあえず電話を切るが、また数分後向こうからかかってきて「オンラインショップで卓上ホルダーを買った形跡がある」とのこと。

は!?

それも返品した翌日の夕方だという。

ますます意味不明。

だんなは仕事中。私も携帯もPCもつながる状況にはいなかった。当然買うはずもないし。

じゃあ、誰かがなりすまして買ったとでも言うのか?

157の男は、こっちが買っていないと言っても信用せず、オンラインで買っていると強気で言ってきた。

うちのパスワードとかもれていて、勝手に誰かに買われた?でも、なぜに卓上ホルダー?勝手に買ったとしても、その人間の手元に商品はないわけだから、何の得がある?何の嫌がらせ?…答えは見つからない。

それにしても、相手の言い方がむかつく。

翌朝、もう一度157へ電話。前日とは別の声で、ひとまず安心。どうして卓上ホルダーが買われたのか、セキュリティに問題があるのか、説明を求める。前日の対応とは違い、こちらが買うはずもないことをわかってくれた。

ややあって、やっぱり向こうのミスだということ。返品したはずが何の手違いか未だに納得はできないが、まだ買い物そのものの取引が成立しておらず、商品が再び届いてしまったとのこと。たまにそういうミスはあるとか。

ひとまず、なりすましで買われたわけではなかったが。

やっぱり、佐川急便指定で送り返してくれとのこと。話は振り出しに戻る。

「そっちのミスにどうしてこっちが出向かなければならんのだ!」

ソフトバンクの店に持って行ってもダメ。取りにも来ない。ただ「申し訳ありません」と呪文のように繰り返すのみ。

マニュアルじゃなくて、物事のわかる、決められる立場の人と相談してよ!

「こういうやりとりの苦情は誰に言ったらいいの?」

「…こちらです。」

…意味ないじゃん。

コンビニで佐川を取り扱っていれば、そちらから出してくださいって、扱っていなければ結局隣の市まで行くしかないって、解決になってない返答。ちなみにサークルK、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、ココ…手当たりしだい電話して問い合わせたが、ゆうパックとクロネコのみ。

最終的には佐川急便に電話すると「取りに行きますよ」と快い返事が。…集荷サービスを知っていればここまで手間もかからなかっただろうが…。気が抜けた。

だいぶん省略はしているが、電話やらソフトバンクショップでの長いやりとりがあって、ただひたすら疲れた。

157の対応の悪さ

予想外だぞソフトバンク。

当然、我が家は全員auに乗り換えた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂肝

Neneko5 鉄剤を病院でもらってしばらく飲んだが、貧血がまた進んでしまったので、なるべく鉄分を多く含む食事をと思って気をつけてはいるが。

数日前。

「貧血と言えばレバーでしょ」と母にごり押しされ、モサモサした食感のお惣菜を持たされた。

私が「うえ~。気持ち悪~」とお惣菜を眺めていると、肉類を食べない母は「人事やから言えるけど、食べなさい」とウッシッシ…。

その後、砂肝の塩焼きというお惣菜を見つけた。

ねね(愛犬)が砂肝ジャーキーが大好物なので、そんなにおいしいものなのかと買ってみたが、↑モサモサ↑の煮たやつより、さらに大変な代物だった!

「これ、もともと人間が食べるものなん?」

Dは、「こんなもんだよ」と言って食べたが、何しろ「砂肝」初体験だし、普通の焼き鳥が食べられるようになったのでさえ、ほんの数年前だし、こういうタイプのものは食べないので、一口で玉砕。

ぐは!☆(゜o゜(○=

2つほど水で飲み込んだが、もう無理。

まだウナギを食べた方がマシだった…。

∪・ ェ ・、∪ グスン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグロ

Neneko4 けたたましいサイレンで避難警報が発せられ、逃げる支度をする中、タッキー&翼の「マグロ解体ショー」だけは決行するという夢を見た。

なぜにタッキー&翼なのか、マグロなのか!?

マグロといえば。

本マグロが出ていれば「大間だね」とか、伊豆の方なら金目だとか、氷見の寒ブリだとか、旅番組やグルメ番組をテレビで見ながら私が言うと、「なんで地理が苦手なのに、そういうことだけは覚えているの?」と聞かれる。

s∪●` ェ ´●;∪ゞ

どうせ、「花より団子」でありんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わんこ先生

Neneko3 去年の夏以降つけていなかった家計簿を、今年は再挑戦。

「わんこ先生の家計簿」という安い家計簿で、あまり細かく書かなくていいので、楽と言えば楽。

何より子犬の写真がいっぱいで、かわいい。

スケジュール帳みたいに日にちが分かれていて、その日の収支を書くようになっているが、改めて見直してみると、毎日のように何かしら購入していることを実感。

ちょこ買いでも積もれば山買いになっちゃうな~。

節約術が身についていないので、あまり細かいことを考えると、うっとおしくなっちゃうし。

余暇は楽しみたいし、ゆったりマイペースで出費を減らしていけるといいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦う夢

だいたい妙な夢を見るけれど、久しぶりに映画チックというか、漫画のような世界の夢を見た。

ウルトラマンに出てくるような怪獣をつかまえ、大きなトラックの荷台に鎖で縛りつけ、運搬中、その鎖がはずれ、街中でバトルをすることに。

戦う隊員の中に、渋いおじちゃん俳優の誠直也さんがいて、街の人々を避難させようと仕切っていた。

しかし、怪獣に攻撃され、誠直也さんは負傷。

倒れながら「やつはたくあんが好きだから」と私に告げた。

「本当に?」半信半疑ながらも、鮮やかな黄色のたくあんを受け取り、私は、怪獣の気を静めようとそれを差し出す。

すると、「嫌いなんじゃ~」と怪獣は火を噴いた!

ガセネタかよ~とがっかりしたところで、目覚ましに起こされた。

なぜにたくあんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育改革

義務教育の給食費を払っていない問題を、こぞってワイドショーがとりあげていたが。

「今月は遊びに行ってお金がないので払えない」とか、平気で言う親がいると以前から聞いていたので、そういう親がまだまだ他にもいるんだと、あきれた。

知り合いからの話では、専業主婦でありながら、自分の余暇の為に架空の就職を装い、学童保育にわが子を預け、遊びに行っている親が何人もいるというし。

「子供が朝起きないから、担任に起こしに来い」とか、「夫婦で旅行に行くから、子供を預かれ」と言った親もいるというから、言葉も出ない。

自分の子供をしかることができないバカな親も多い。勉強しろしろと、自分の能力を棚に上げて強制することは極端だが、まるっきり勉強しない子供に、勉強しろと親が言わなくてどうする。「自分の子が嫌がることはさせたくない」と平然とおっしゃるが、自分の子供をどれだけ大切に思っているのだろうか。

子供を愛し、子供のために何ができるか。それを考えるべき親が、子供の顔色ばかりうかがって、ただ嫌われたくないがために、自分の子供をしつけられない。

就学前の子に対しても。

レストランや店、他人の迷惑になるところで騒ぎ、好き勝手にやらせている親。子供は騒いで当たり前だ。それを親がしつけないで、どうするんだ。

他人の迷惑を考え、静かにする。おとなしく座る。座席に靴で上がらない。ぶつかったら謝る。親のそばで待つ。人ごみでは手をつなぐ。

どうして、そんな人として当たり前のことができないんだろう。

子供の幸せを考えるなら、親としての最低限のしつけはするべきだ。それも、できる限り小さいうちにマナーを身につけさせるべきだ。

それは誰のためでもない。我が子のために必要なのに。

家庭学習の習慣も、小学校で身に付かせなければ、中学校以降はまず無理だ。

早寝早起き、朝食の習慣も、親の責任。親が自分の不規則な生活に子供を巻き込み、子供をダメにしている。学力低下は教科書の責任だけじゃない。実際、あんな薄っぺらな教科書すら理解できない子供が多いのだ。それは、子供の能力ではない。親の責任以外の何者でもない。

夜中、明け方、もちろん昼間でも構わずに、近所中に響き渡る声で喧嘩をする隣の夫婦の子は、かなり情緒不安定だ。小学校低学年+よちよち歩きの子がいるが、夜11時すぎでも平気で連れ回し、子供の生活をまったく考えていないので、意味不明に奇声をあげる子になるのも、仕方がない。

子供が犠牲者だ。

子供の教育うんぬんもめているが、問題はまず親にある。親を教育しなければ、いくら子供達に最高の教育を与えても、吸収する土台ができていない以上、効果は期待できない。

親の責任を放棄した大人をまず教育すべきだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧